お金にまつわることわざ集

お金にまつわることわざ集

昔から世の中で使われているお金にまつわることわざは沢山あります。

 

例えば「金は天下の回りもの」、とは金持ちも貧乏になれば、貧乏が金持ちになることもあるという意味です。また「金の切れ目が縁の切れ目」は、どんなに親密だった人ともお金にまつわるトラブルで縁もきれてしまうという一種の教訓にもなります。世の中にキャッシングが普及する前は、お金を借りる先というと、親、親類、知人や友人といった身近な人たちが定番でした。そのため、正に「金の切れ目が縁の切れ目」になってしまった人も多くいることでしょう。お金で汗が拭けるほどの裕福な人なら「ある時払いの催促なし」でも乗り切れるでしょうが多くの人はやっぱり金の切れ目は・・・、というのがオチですので、身近な人から借りて縁が途絶えてしまうくらいなら、現代はやっぱりプロの貸金業者にお任せして、円満に縁がなくなることがないようにしたいものですよね。

 

「口と財布は締めるが得」とばかりに、締めてばかりでも、目の前のチャンスがどこかに飛んで行ってしまいますので、締めるのもほどほどにして、キャッシングと上手に付き合って、綺麗に返済をして、チャンスもガッツリ掴める・・・、というのはやっぱり欲張りなんでしょうか?